ディアプルーデンスの衝撃

Dear Prudenceの衝撃は忘れられないです。多分、始めてBeatlesの作品に魅かれた曲だったと思います。ジョンレノンのスリーフィンガー。未だに真似できません。。。ポールマッカートニーのベースライン。自分の曲でもこの弾き方はかなり使います。リンゴ。。じゃなくてポールのドラム。微妙なハネ具合をいつも追っかけている私。ジョージハリスンのリード(ジョージでしたよね??)少ない音数での強烈なインパクト。クライマックスはたまらないです。確か、奥田民生が音作りする時はAC/DCのBack in Blackを聴くそうです。私はバンドサウンドを意識した音作りする時はこの曲を聴いて色々と確かめます。しかし今夜は曲を作りだそうとしたら、この曲に聴き入ってしまいました(^_^;)やっぱりいいんですよね~BEATLES。